静岡サレジオの教育理念

静岡サレジオの教育の土台は、「キリストの教え」です。その教えとは「愛する」こと。自分を愛し、他者を愛する心をはぐくみ育てることをベースにしています。

創立者聖ドン・ボスコは「愛」を伝えるため、「共にいること(伊語でアシステンツァ)」を彼の教育の基本としました。場所も時間も共有することで、本当に大切な存在であることを子どもたちも教職員自身も感じることができるからです。